ものすご~くお久しぶりに、そして今頃?ですが。
「青い海の伝説」の人物おさらい、やってみます。

またまた登場、人物相関図(^^♪
580x0

その1 ホ・ジュンジェ(キム・タムリョン)とシム・チョン(セファ)
その2 チョ・ナムドゥ、テオ、チャ・シア
その3は、ジュンジェ(タムリョン)の家族とその関係者にしましょう。

まずは、ジュンジェ(タムリョン)の父
ホ・イルジュン氏
演じたのはチェ・ジョンウさん。現代だけの登場です。
色々なドラマでお顔を見ますね。
シティハンターではミノさんと共演しています。(五人会のメンバー)

実は、息子、ジュンジェを愛していて、すべての財産をジュンジェに
相続させたいと願っていました。
RO60432335_w1300_h990(0)

ジュンジェも本当は、お父さんが大好きで、仲直りしたかった。
o0794044713821455477

それでも、お互いに意地を張ってしまい、悲しい結末を迎えてしまう。
最後の最後で、ジュンジェに電話をかけて、伝言をのこした父。
「できればもう一度、ユランと結婚して、ジュンジェの父になりたい」
「ジュンジェ、愛している」
父がジュンジェの携帯に最後の力を振り絞って残した最期の伝言でした。
生きて、顔を見て、手を取り合って、抱きしめて伝えたい言葉だったでしょう。
RO74585754_w1300_h990(0)

ジュンジェパパは、シム・チョンとも病院で顔を合せていました。

o0800044613821449831

若い頃のジュンジェパパは、チョン・ムンソンさんが演じています。
過去、タムリョンの父も演じました。
基本、ミノさんの画像ばかり保存しているので、画像がありませんが
こちらをご参考に!チョン・ムンソン
「秘密の扉」に出演していたのは覚えています。

次は、ジュンジェのお母さん、モ・ユランさん。
演じているのは、ナ・ヨンヒさん。
若い頃は、シム・イヨンさんが演じています。
お母さんは、ふたりともに、過去、タムリョンの母も演じています。

ジュンジェが、「キム・ジェイ」としてアン・ジンジュ&チャ・ドンシク夫妻の
家庭を訪れた時、ニアミス~!

IMG_20161217_175838

IMG_20161215_230844

アン・ジンジュさんの家の住み込み家政婦さんをしていました。
IMG_20161217_170128

チャ・シアにも色々言っていました。
「嫁にしたくない」とも言っていましたね。
シム・チョンとは仲良くなれたのに。
IMG_20161217_170133
この家庭の夫婦とは、過去にも縁がありました。
RO37466196_w1300_h990(0)

タムリョンの母と使用人という関係でした。
だから、現代でも、ジンジュさんは、なんとなくユランさんの指示に従ってしまうんですね。
drama13-h4-12


そして、このお話の諸悪の根源みたいな女性。
ホ・イルジュンの後妻役、ジュンジェの継母役のカン・ソヒ(カン・ジヒョン)を
演じたのは、ファン・シネさん。
ファン・シネさんも現代だけ登場です。
o0789044113821465484

若い頃のカン・ソヒ(カン・ジヒョン)を演じたのは、オ・ヨナさん。
マ・デヨンと深いつながりがあります。
オ・ヨナさんは、過去、ヤン氏の妾ホンランも演じています。
酷い継母でしたよね。 
drama13-h4-6

そして、カン・ソヒ(カン・ジヒョン)と戸籍上は婚姻関係もないけど
夫婦同然なのが、マ・デヨン!
ジュンジェの義兄ホ・チヒョンの父親でもあります。
Screenshot_20161123-221615

ジュンジェが帰国した時、空港ですれ違っていました。

Screenshot_20161123-221633

Screenshot_20161123-221648


このカン・ソヒ(カン・ジヒョン)とマ・デヨンが核となって
現代の悪事が進行するわけですが、そうなっているのは
過去での悪事の罰だと思われます。
過去では、ヤン氏とホンランが私腹を肥やすために悪だくみをして、
県令タムリョンと人魚のセファを死に追いやります。

過去はヤン氏とホンランの息子役、
現代ではジュンジェの義兄ホ・チヒョンを演じるのがイ・ジフンさんです。
푸른바다-스틸05-029

見た目は、優しそうなのにね。
푸른바다-스틸05-030

子供のころから、ジュンジェに陰湿な嫌がらせをします。
なので、ジュンジェは兄とも思っていない。
푸른바다-스틸05-036

過去、現代ともに、実の両親の悪事に加担し、ろくな人生を送れません。
過去は、セファを捕まえようと投げた銛でタムリョン、セファを死に追いやった張本人です。
現代は、ジュンジェを殺そうと刑事から奪った拳銃を発砲。
ジュンジェを庇ったシム・チョンに死に至るほどの大けがをさせました。
そして、最後は母親の作った毒、トリカブトを飲んで悲惨な最期を遂げます。
母に対して最期に放った言葉が、彼の一生を物語っていたなあと思いました。
こんな、ホッコリな笑顔で演じられる役なら良かったのにね。
RO16614180_w1300_h990(0)

子供時代は、イ・テウ君が演じていました。
RO45923656_w1300_h990(0)

身内はこれくらいかな?
家族同然に登場したのが、彼女。
ムン・ソリさん演じるアン・ジンジュさん。
結構、重要な役割を果たしていたと思います。
drama13-img3

そして、旦那さんのチャ・ドンシク氏を演じたのがイ・ジェウォンさん。
過去には、使用人同士でした。
「生まれ変わったら、奥様を使う側になる!」とかなんとか言っていましたが
本当に、家政婦さんとして雇っていました。
夫婦でいい味、だしていました。

IMG_20161217_170211

常に様々な情報をキャッチしている情報通でもあります。

IMG_20161217_170218

お得な投資先を探しています。詐欺とも知らずに・・・。
RO49847751_w1300_h990(0)

夫の妹、チャ・シアが同居。「詐欺よ!」と言われ憤慨していたジンジュ。
RO60051691_w1300_h990(0)

他にも、シム・チョンの友人、ホームレスの彼女や、ソ・ユナ。
ホン刑事、ナム部長など重要な登場人物がいますが
それは、また機会がありましたらとりあげてみたいと思います。
先にも書いていますが、何分、画像を保存していないため
なかなか、思うようにUPできませんでした。

詳しくは、こちらをクリックしていただければ
キャストのページに飛びます。
↓↓↓
青い海の伝説 キャスト&登場人物


@actorleeminho
#We_will_wait_for_you
#WeLoveYouLeeMinho
#AlwaysWithLeeMinHo
#AlwaysMINOZ #PMZ
#イミンホ #LeeMinHo #李敏鎬
#LMH #MINOZ #MINOZJAPAN
#MYMentertainment


韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ