こんばんは(^^♪
やっと今頃、こちらに来られました。
最近、何かと慌ただしく、その上、花粉に痛めつけられる日々。
辛い季節です。

今日のカウントダウンミノさん。

ミノさんの優しいほほえみ。癒されますね。

今日の記事にはこんなものがありました。


イ・ミンホ、フィリピン訪問に都心が麻痺状態…

現地メディアも報道

10asia |


写真提供=Starhausエンターテインメント
俳優イ・ミンホの魅力にフィリピンが魅了された。

24日、フィリピンではテレビのニュースで「スーパースターイ・ミンホがフィリピンを訪れた」と報じられた。「イ・ミンホが訪れる日は祝日に指定しよう」という笑い話が出るほど、イ・ミンホを追いかける人波により、フィリピンの都心は交通渋滞や麻痺状態を伴う状況が繰り広げられた。

イ・ミンホはフィリピンを訪れ、グローバルモデルとして活動しているKyoChonチキンのイベントでファンと楽しい時間を過ごした。マニラのグリーンヒルズセンターで開催された今回のイベントには約1万人のファンが駆けつけ、建物周辺に集まった多くの人の安全のために現地の警察が動員される状況まで発生した。

イ・ミンホは2009年の「花より男子~Boys Over Flowers」をはじめ、様々な作品によりフィリピン最高のスターに浮上した。フィリピンの現地マスコミは「トップに立っても数年間変わらないマナー」をイ・ミンホの人気要因として取り上げ、「イ・ミンホを通じて韓国について学ぶ」「イ・ミンホが出演したドラマの台詞で韓国語を習い、食べ物やファッションなど文化を学ぶ」という内容の報道で文化の伝道師としての役割を果たしているイ・ミンホを高く評価した。

イ・ミンホの所属事務所であるStarhausエンターテインメントの関係者は「毎回、様々な国籍の人が集まるが、イ・ミンホに話かける時はみんな流暢な韓国語で愛情表現する。時間が経つにつれ、どんどん伸びていく海外ファンたちの韓国語の実力に驚くばかりだ」と伝えた。

これとともに、3月4日にはフィリピンでイ・ミンホ主演の映画「江南ブルース」が公開される。この作品は2015年、韓国映画初の観客動員数200万人を突破し、イ・ミンホの優れた演技力でアジアや北米に続き、オーストラリアでも公開が決定するなど、新スクリーン時代を切り開いた。特に劇中、イ・ミンホが演じるキム・ジョンデのテーマ曲はフィリピン歌手であるフレディー・アギラの「Anak」で、タガログ語で歌われたこの歌がフィリピンの観客にとってはより親しく感じられるものと期待される。

記者 : チェ・ジンシル、翻訳 : ナ・ウンジョン


どこに行っても人がたくさん集まる生活。
また始めると思うと憂鬱にならないかな?

それから、昨日の記事が一つ抜けていました。


チョン・イル、幼馴染イ・ミンホと正反対?学生時代を回想

「唯一の共通点は…」

OSEN |


写真=SBS「みにくいうちの子」放送画面キャプチャー
俳優チョン・イルが親友イ・ミンホの学生時代に言及した。

最近韓国で放送されたSBSバラエティ番組「みにくいうちの子」にはチョン・イルがゲスト出演した。

この日、チョン・イルが登場すると母親たちは「赤ちゃんだ、赤ちゃん」と喜んだ。童顔のルックスにチョン・イルは「軍服務が終わって間もない」とし、療養センターで2年間勤務したと伝えた。また、現在月火ドラマ「獬豸」を撮影していると伝えた。そして、旧正月を迎えて母親たちのためにプレゼントまで用意した。自分で選んだお茶とチョコレートを用意し、母親たちはじっと見つめながら「お年寄りをちゃんと恭敬しそう」と喜んだ。

チョン・イルは中華料理を出前で食べるパク・スホンとイム・ウォニを見て、「僕のおばあちゃんも麺が好きで、自分で作ったことがある」と話した。これに対して、シン・ドンヨプが「家族たちが本当に麺が大好きみたいだ。キム・ゴンモ兄さんは手打ち麺も作る」として、興味を表した。キム・ゴンモの母親は「義理の兄と弟が料理上手」とキム・ゴンモとチョン・イルの姉をくっつけようとし、キム・ジョングクの母親は「こんなに肯定的に受け入れるのは初めて見る」と喜んだ。トニー・アンの母親も「携帯に姉の写真はないか」とし、チョン・イルは「姉にまず電話をかけてみる」と話した。キム・ゴンモの母親も「急がば回れ」と言ったが、トニー・アンの母親は「鉄は熱いうちに打てというじゃないか」と合コンに期待を表した。

またチョン・イルは俳優イ・ミンホと幼馴染だと話した。同じ町のすぐ隣の学校だったという。イ・ミンホに対して「有名だった。輝いていた。オーラがあった」と振り返った。そして「僕とは本当に正反対で、唯一の共通点は料理の好みだ」と話した。正反対だが、ある瞬間から配慮することになったという。MCたちは「異なるからずっと会っているのかもしれない」とし、よく合うところを聞くと、チョン・イルは「お酒を飲まない。男2人でコーヒーを飲むスタイルだ」とし、「幼い頃は異なるのが変だと思ったけれど、30代になったら配慮するようになった」とし、格別な愛情を示した。

記者 : キム・スヒョン


ミノさんも復帰したら、こんなバラエティにも出てくれるかな?
この元記事は、2月17日のものです。

502x769x9a3c2f224344d980f3dc30ed
今夜はヨンの笑顔に癒されて眠ります。
おやすみなさい。




@actorleeminho
#We_will_wait_for_you
#WeLoveYouLeeMinho
#AlwaysWithLeeMinHo
#AlwaysMINOZ #PMZ
#イミンホ #LeeMinHo #李敏鎬
#LMH #MINOZ #MINOZJAPAN
#MYMentertainment


韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ