こんばんは🎵
今日はPMZの話題から。

KstyleNews

イ・ミンホ、欠食児童のために新たなプロジェクトを開始…
子どもたちへの経済的な支援と心のケア

Newsen |

写真=MYMエンターテインメント
イ・ミンホが低所得層の欠食児童のためのプロジェクトを始めた。

イ・ミンホは寄付プラットフォーム「PROMIZ」を通じて、低所得層の欠食児童のために「ジェムジェムボックス」プロジェクトを開始した。

低所得層の欠食児童は急速な経済発展の影と言える家庭の崩壊、あるいは変化で適切な食事とケアを受けられない子供たちのことを言う。彼らが経験する困難の中で代表的なものは栄養欠乏による健康の異常だが、より大きな問題は貧困の原因が自身にあると思って罪悪感を持つことだ。経済的支援と共に心のケアがさらに重要な理由だ。

PROMIZが新たに企画したプロジェクトの名は「ジェムジェムボックス」。ジェムジェムボックスはジェミ(面白さ)を意味する「ジェム」と「プレゼント」を意味する「ボックス」を組み合わせた名称で、子供たちに経済的な支援だけでなく、温かいメッセージを伝えることが大事だという意味を持っている。直接制作したデザイン製品を販売し、収益金で全国の低所得層児童に誕生日パーティーを開く方式で「産まれてくれて、ありがとう。君は大切」とのメッセージを伝える。

ジェムジェムボックスが披露する製品はTシャツやタンブラーなど3種類だ。NAVERの寄付ポータルサイト「ハッピービーン」を通じて6月21日から3週間販売され、収益金は社会福祉共同募金会を通じて全国の低所得層の児童が迎える誕生日をより意味のあるものにするために使用される。

PROMIZはハッピービーンファンディング終了後も様々なチャネルを介し欠食児童に向けた関心と必要性に対する認識の改善を促し、社会貢献活動を続けていく予定だ。

イ・ミンホの寄付プラットフォーム「PROMIZ」は2014年3月に始まって以来、Fun Donationの価値を着実に追求し、決められたテーマの中で価値を改めて考えるデザイン製品を製作・販売した後、収益金の全額を寄付することで分かち合いの価値を実現してきた。また、韓国および海外での高い知名度を基にSNSを介して社会問題に対する認識改善のためのキャペンーンを積極的に展開し、より多くの人が自然に分かち合いの現場に参加できるよう誘導している。

記者 : パク・スイン


同じ内容の記事がこちらにも。リンクだけしておきます。
WowKorea


今日はずっとミノチャージできない時間を過ごしていました。
夜になってやっとミノさんを眺めています♡
今夜は「青い海の伝説」を見ています♡

今日のインスタUPは昨日のかわいいミノさん♡


今夜も素敵なミノさんフォトを🎵
ミノさんの復帰とともに、ミノ撮影隊も復活💛
嬉しいですね♡
シェアありがとうございます。

Cr:logo
IMG_20190625_222903


IMG_20190625_222905


IMG_20190625_222907


IMG_20190625_222909


IMG_20190625_223335


今日も一日、忙しかったけれど、ミノさんの笑顔を見たら
疲れも吹き飛びますね♡

明日からこちらは雨模様の予報。
どうやらやっと?梅雨入りするみたいです。
ジメジメの季節ですが、どうか皆様、お健やかにお過ごしください。

おやすみなさい。




@actorleeminho
#WeLoveYouLeeMinho
#AlwaysWithLeeMinHo
#AlwaysMINOZ #PMZ
#イミンホ #LeeMinHo #李敏鎬
#LMH #MINOZ #MINOZJAPAN
#MYMentertainment


韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ