こんばんは。
やっと少し春らしくなりましたね🌸

こちらは桜の開花宣言がまだ出ません。
早咲きの桜は咲いているのですが、ソメイヨシノの標準木がまだらしいのです。
今週の木曜日から暖かくなったので、そろそろかなあ?

さて、ミノさんんおドラマ情報をささっと!
先日のティーザー第2弾のキャプもありました♡

こんな風にぎゅってされたい💛
そんな私の私情は置いておきましょう(笑)

ぎゅっとした瞬間、きゅんとなりました。
r.580x01

おぼろげながらも、少しずつストーリーのヒントが現れて、
あ~だろうか?~だろうか?と考えますね。
r.580x02

ゴウンさん、素敵な女優さんですよね。
ミノさんと、どんな素敵なドラマを見せてくれるか、楽しみです。
r.580x06

皇帝らしく、きりっとした感じで♡
r.580x03

これはあのボートの時ですよね?
首に傷がある~!
これは「あの夜」に関係あるのか?
r.580x04

テウルが髪をかき上げて結ぶところで止まって・・・。
r.580x05

皇帝だけが「動」であとは「静」になってるのかな?
r.580x07

二人の間には見えない時空の壁があるのかしら?
r.580x08

いっぱい妄想してしまします♡


SBSのHPにUPされたお姿♡

30000644370_1280

翻訳機にかけるとヘンテコなぶんしょうになっちゃう( ;∀;)
こちらの記事の方がわかりやすいかな。


「ザ・キング:永遠の君主」イ・ミンホ、気品溢れる皇帝に変身…抜群のビジュアルとスタイルに視線釘付け

TVREPORT |


写真=Hwa&Damピクチャーズ
16日、SBS新金土ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」側が、「大韓帝国の皇帝」になったイ・ミンホの姿を公開した。

写真の中でイ・ミンホは、高い身長としっかりとした肩、比較不可能なビジュアルで気品溢れる皇帝の雰囲気を見せている。神秘的な雰囲気の皇室で、皇帝の制服を着て深い眼差しと威厳のある表情が目を引く。

イ・ミンホが演じるイ・ゴンは、大韓帝国3代の皇帝で、美しいビジュアルと気品のある姿、静かな性格に文武まで兼ね備えた完璧な君主だ。敏感なところがあり、あいまいな言葉よりも正確な数字が好きな理系の人物だ。

イ・ミンホは「長い空白の末に、『ザ・キング:永遠の君主』でカムバックすることになった。長い間待ってくださっただけに、良い姿で近くご挨拶する」とし、「脚本家と成熟した姿でもう一度作業することができてより意味深く、2本目の作品であるだけに、より良い作品になるよう努力する」とキム・ウンスク脚本家との再会に対する格別な期待と抱負を明かした。

制作会社のHwa&Damピクチャーズは「イ・ミンホは、キム・ウンスク脚本家が描く想像の中のイ・ゴンという人物に息を吹き込んでいる。最適のキャスティングだと思う」とし、「イ・ミンホの演技人生2幕を開ける俳優人生を代表するキャラクターになると信じている。皇帝イ・ゴンの活躍が目覚ましく輝く『ザ・キング:永遠の君主』にたくさんの関心をお願いしたい」と伝えた。

「ザ・キング:永遠の君主」は、次元の扉を閉じようとする理系型の大韓帝国の皇帝イ・ゴンと、誰かの人生、人、愛を守ろうとする文系型の刑事チョン・テウルが二つの世界を行き来して描く次元が異なるファンタジーロマンスだ。「ハイエナ」の後番組として韓国で4月から放送される。

記者 : チョ・ヘリョン



こんな記事も。


イ・ミンホ&キム・ゴウン主演、新ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」予告映像第2弾を公開…早くも話題沸騰

Newsen |


写真=SBS
SBSの新金土ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」がおぼろげな感性と幻想的な出会いを収めた予告映像第2弾を公開し、話題になっている。

韓国で4月に放送がスタートするSBSの新金土ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」(脚本:キム・ウンスク、演出:ペク・サンフン、チョン・ジヒョン、制作:Hwa&Damピクチャーズ)は、次元の門を閉めようとする理系型の大韓帝国の皇帝イ・ゴン(イ・ミンホ)と誰かの人生、人、愛を守ろうとする文系型の刑事チョン・テウル(キム・ゴウン)が両世界を行き来しながら描く別次元のファンタジーラブストーリーだ。

何より「シークレット・ガーデン」「トッケビ」「ミスター・サンシャイン」など名実共に韓国最高の脚本家に挙げられるキム・ウンスク脚本家が届ける「次元が違うラブストーリー」で注目を集めている。そんな中、2月28日に公開された予告映像第1弾が公開と同時にポータルサイトのリアルタイム検索ワード1位となり、2020年最高の期待作であることが証明された。

これと共に「ザ・キング:永遠の君主」がイ・ミンホとキム・ゴウンの切なく、胸をときめかせる“平行世界ファンタジーロマンス”を描いた45秒ほどの予告映像第2弾を公開し、注目を集めた。まず真夜中に光化門(クァンファムン)の真ん中で白馬に乗った大韓帝国の皇帝イ・ゴンと韓国の刑事チョン・テウルが向かい合っている。「本当に別の世界から来たの?」というチョン・テウルの声と共に、イ・ゴンがチョン・テウルを強く抱きしめたことに続き、驚くチョン・テウルと切ないイ・ゴンの正反対な表情が収められ、二人の間で繰り広げられる“運命的なケミ(ケミストリー、相手との相性)”を予告した。

それからイ・ゴンの前に立ったチョン・テウルが「あなたはまるで私を知っているかのように見えるが、私はあなたのことを知らない」と言い、書斎で何かをじっと見つめるイ・ゴンと涙目でどこかを見つめるチョン・テウルが次々と登場し、切ない雰囲気になった。それから汗まみれになったイ・ゴンの顔の上に「僕がここにいないように君も僕の世界にはいなかった」というセリフが流れ、女性らしく髪を束ねるチョン・テウルの姿が登場し、神秘的な雰囲気が演出された。

その瞬間、秋の風景の公園で「私はまだ地球が丸いというのも信じられない人だ」と淡々と話すチョン・テウルを見るイ・ゴンの目が輝いた。最後に白い雪と共に「一緒に行こう。僕の世界へ」という言葉を投げかけたイ・ゴンと温かい視線を送るチョン・テウルのツーショットが繰り広げられ“平行世界ファンタジーロマンス”の序幕を知らせた。

制作会社のHwa&Damピクチャーズは「今春、お茶の間に新たなときめきを届けるため、俳優とスタッフたちが汗を流している。韓国を代表するキム・ウンスク脚本家が抜群の想像力で完成させた『ザ・キング:永遠の君主』を楽しみにしてほしい」と伝えた。「ザ・キング:永遠の君主」は韓国で4月に放送がスタートする。

記者 : キム・ミョンミ



4月から、現在放送中の「ハイエナ」の後継番組として放送されるようです。
嬉しい!楽しみ!待ち遠しい!
そんな言葉しか出てきませんが。
楽しみです。

さて、新型コロナウィルスの猛威はとどまるところを知らず・・・という感じで
全世界に広がっています。
マスクも、消毒液も手に入らない状況は変わりませんが、
なんとか頑張って乗り越えたいと思います。

職場では4月1日発令の人事異動が発表され、
私たちのチームの上司と、あと1名の方が移動となりました。
課の中では、他のチームの方の異動もあり、退職される方もありです。
来週末が歓送迎会の予定でしたが、ひとまず延期となりました。
コロナ対策もあり、仕事もバタバタなので、致し方ないですね。

昨日、今日はお天気も良くお墓参りに行ってきました。
春は、お掃除してもまだ楽です。夏場が恐ろしいな。
明日はゆっくりできるかな?

それでは今夜も素敵な夢を!
おやすみなさい。

IMG02919_gs_logo

IMG03021_gs_logo




@actorleeminho
#TheKing #永遠の君主
#WeLoveYouLeeMinho
#AlwaysWithLeeMinHo
#AlwaysMINOZ #PMZ
#イミンホ #LeeMinHo #李敏鎬
#LMH #MINOZ #MINOZJAPAN
#MYMentertainment #PROMIZ


韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ