アンニョンハセヨ♡
甘めのタイトルにしてみましたが、少し複雑な思いで書き始めました。
それは、皆様が思っていらっしゃる第6話の大韓帝国とイルボンが戦争勃発?な点ではなく、です。

ネタバレありなのでご注意を!

イ・ゴン陛下がやっと恋愛をしてみようと、やっとそういう想いになれたのに、
素直に喜べない状況が刻一刻と迫っていて、なんだか切ないな、と。
そう思うので複雑です。

95372844_3885489384825264_665572617796714496_n

昨夜、第6話を視聴してから、さて、視聴後のブログにどのように書くか、
悩んでいたことも確かです。

人それぞれ、様々なとらえ方があり、100人の人がいれば100通りのとらえ方が
あって正解なのです。
私があの場面を見た印象を述べると、以下のようになります。

①このシーンを、これだけの冷徹さを持って演じるのは、俳優だから、それが仕事だからとはいえ、すごいな。あのシーンの陛下を演じるには、それはそれは、残忍なほど冷徹に演じられたのだろうと少し心が痛みました。大韓帝国とイルボンだから、ではないのです。皇帝陛下だからこそ、我が国を、我が国の民を命がけで守るという、悲壮なまでの覚悟が伝わってきました。
「今は私を護る時ではない。この海域を守ることが第一なのだ」
陛下の覚悟、の演じ方が胸を締め付けました。

②2019年の設定なのに、イルボン軍は昭和初期の太平洋戦争前の状況だな、と。これも作家様の意図なのかもしれないかな? 今、現実の韓国と日本。ここまでの状況ではないにせよ、「友好国」として手を携えている状況ではない部分が多い。今の日本国政府を反映したのでは、問題が生じる。これは現実ではなく、パラレルワールドの話。それならば、今を反映しない方法を選択したのかな?

③史実で大韓帝国は実在し、2代皇帝までは実存。一時期、日本の占領下にあったということも事実。その3代皇帝は実存せず、ここは「架空」なわけです。この時代を題材に取り上げ、作品を完成させるためにはどうしても国と国の関係も必要だったのだろうと推察。もし、この場面を削除したり、国名、国旗を変えて表現したら、韓国内での反発は避けられないということも現実。

④あくまでも韓国で放送されるドラマであり、海外での放送を視野に入れて作品が作られるものではないし、もし、海外放送用に作品が変更されたら、海外で見ても、それはそれで楽しくない。原作通りだから楽しめるもの。

⑤イ・ミンホという俳優のドラマを心から楽しみ、応援するMINOZとして、すべてを受け止めて冷静に判断し、そのうえでドラマを鑑賞したい。

以上のような感じでとらえています。

国と国の対立を描いた部分で、多くの日本のMINOZは、
少なからず心を痛めたのではないでしょうか?

どのような受け止め方をしたから、良いとか悪いとか、そういう話ではなく、
どのような受け止め方もすべて正解です。


ミノペンの心は、「おとめ」ですよね。
そんな乙女心が、少しでも和らげば、と思い、私の見解を書いてみました。
どんな台本を手にしても、どう演じるかを真剣に考え、全力を尽くす俳優イ・ミンホ様の
迫真の演技に注目してみてくださいませ♡

95489852_3885489311491938_1985651140007559168_n


途中まで、テウルと良い感じで心を通いあわせ、幸せになってねって思ってみていました。
ヘリでソウルに迎えに行ったりねえ♡
ヘリの中でも、身体に触れられることを極端に嫌う陛下が、テウルと内緒の会話をするために、
お互いの手のひらに指で文字を書いて伝え合うシーン。
秘書とヨンの表情が何とも言えず、笑ってしまいました。
そう、陛下は恋をしておられるのですよ♡

チビミノミをゲットした場面は第5話にありましたね。
テウルに「どれだけ使ったの?」ってたしなめられてましたけど。
「私の持ち物はすべて高級なのだ」とか言っちゃって(笑)
あの射的屋さんの方。
私の中では「キ皇后」の時の印象が強く残っているんですよね。
結構、悪い役でしたけど(笑)

仕方なく、大韓民国へテウルを戻らせたけど、必ず会いに行くから待っていてと告げる陛下。
切ないな~。

その後、なんとか日常を取り戻すも、不穏な空気はさらに深まっていく。
宮廷内に侵入者もあった?とか、イ・リムの検案書も「本物」が出されたでしょう。
そして、イ・リムが大韓帝国にも大韓民国にも出没して、陛下やテウルの周りの人々に
迫ってきているのが怖い~!

陛下は、ノ尚宮の言葉。「チョン・テウルは陛下に危険をもたらす」
その言葉は間違いで「私がチョン・テウルを危険にさらすのだ」と。

いよいよ来週からは、核心部分に入っていくのでしょうか!

ちょいちょい、小ネタ入ってますよね?(笑)
「豆とほうれん草」の食事の話もありました。
ノ尚宮「こんなところは子供のままなのに、軍艦に乗っていくなんて」と嘆いておりました。

そうそう!
あのク総理の秘書が、「皇宮内に協力者を見つけました」と報告していましたね。
あれ、きっと新米のお世話係の男性ですよ!私はそう睨んでいるのですが、どうでしょうか?
テウルの髪を結わえるゴムを持ってきたあの人!
気が弱そうで、ク総理の秘書となんか似ている気がする~!
結果はどうでしょうか?それも今後のおたのしみですね。

そんな部分も楽しみながら、週末の放送を楽しみに今週も頑張りましょう!

※今、いつも使うパソコンとは違うものを使って書いております。
 なので、写真のデータがないです。
 後で写真をいくつか、差し込むかもしれません。




@actorleeminho
#TheKing #永遠の君主
#WeLoveYouLeeMinho
#AlwaysWithLeeMinHo
#AlwaysMINOZ #PMZ
#イミンホ #LeeMinHo #李敏鎬
#LMH #MINOZ #MINOZJAPAN
#MYMentertainment #PROMIZ


韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ